Take Me 同好会(非公認)のブログ

現在は、OOTP18のロールプレイブログとなっています。

OOTP18 Go Cubs go 2005 part 11

 

takemeout.hatenablog.jp

 

Out of The Park Baseball 18というPCの野球ゲームをプレーした。目標は、シカゴ・カブスワールドシリーズ制覇である。Part 11では、7月後半を取り扱った。

 

 

 

プロローグ

 2004年、ミネソタ・ツインズが地区三連覇を達成し、1991年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。一方、ナショナル・リーグは地区優勝を逃したものの、アトランタ・ブレーブスNLCSマーリンズを下し、ワールドシリーズに進出。1991年、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という大激戦だったワールドシリーズと同じ組み合わせとなるも、ツインズが4連勝でスウィープ。1991年以来、4回目となるワールドシリーズ優勝を達成した。

 

 長期的目標
  • 2008年までに常勝軍団にする。(オーナー命令)
  • 2008年までにリリーフ陣を再建する。
  • 2009年開幕時までに傘下の評価を10位以内にする。
  • 現在16位。
  • 野手の有望株の獲得or育成。
  • ソト(C)の育成。
  • デュボア(LF)の育成。
 短期的目標
  • 若い両翼の獲得。
  • 概ね達成。
  • 2006年までにプレーオフ進出。(オーナー命令)
  • 先発投手の有望株の獲得(2006年まで)
  • ヨバニ・ガヤルド(RHP)
  • 二遊間のアップグレード(2006年まで)
  • 正捕手のアップグレード(2007年まで)

 

7月

 だが、筆者は2年契約の1年目である。今年結果を残さなければ(最低限PO進出がオーナーの希望である)、契約延長は期待できないだろう。だから、来年にかけるということはしていられないのだ。来年はジョーンズ(CF)がいないし、カイロ(2B)やオーリリア(SS)が好成績を残す保証はない。

 

 ワイルドカード争いでは1位であるものの、パイレーツ、パドレスブレーブスが直下に。首位争いは、カージナルスに4ゲームと差を付けられているが、買い手として積極的な補強に乗り出すことにしよう。

 

 補強ポイントはSPである。SPは、先の通り、ザンブラーノ(RHP)、ウッド(RHP)、ラッシュ(LHP)、ペティット(LHP)が故障中。ペティット(LHP)は、ミトレ(RHP)と入れ替わるように故障。

 SSの獲得も検討していたが、今オフFAとなるSSで、オーリリア(SS)より優れているSSがおらず、2番手がカブスマルチネス(SS)だったために後回しに。

 

  ヘルトンと契約延長。

 7月25日、これまでの方針と一転変わってヘルトン(1B)と5年85Mで契約延長。相手方の条件をほぼ飲む形になったのは、1年7Mと買い叩いたために、反動として高い年俸を支払うべきだったからだ。

 最初の2年32Mの後、ヘルトン(1B)はFAとなる権利を得る。また、最後の2年は500PAによって自動更新されるオプション。

 リー(LF)の年俸が17Mであることから、ヘルトン(1B)を放出しても節約とは言えず、それなら契約延長してリー(LF)を放出すべきだと考えた。

 

 7月26日、膝を痛めているオーリリア(SS)が踵も痛めて15日間DL入り。それに伴い、イングリーン(UT)を昇格。

 7月28日、クレイグ・カウンセル(SS)とマイナー契約

 余談だが、2011年、MLB史上3人目となる記録を達成して”しまって”いる。※現在、この記録はエウヘニオ・ベレスが保持。

number.bunshun.jp

 

 7月29日、ラミレス(3B)が1週間離脱する故障。それに伴い、デュボア(LF)が今季再降格。そしてカウンセル(SS)がメジャー昇格。

 7月30日、ジョーンズ(CF)の放出を決定。7月も負け越して、首位カージナルスに7ゲーム差を付けられている。

 投手を補強しようにも、プロスペクトが足らずに獲得できなかった。そのため、補強が出来ずにシーズンオフにFAで手放すのであれば、トレードをしておきたいと考えた。

 

 ブレーブスとトレード。

 オリオールズに、リー(1B)、ブロースキー(RHP)、プロスペクトを付けて放出し、プロスペクトを獲得する売り手としてのトレードか、ブレーブスに、プロスペクトを付けて放出し、グリフィーJr(CF)とラファエル・ファーカル(SS)を獲得する買い手としてのトレードか悩み抜いた末、ブレーブスとトレード。

 ブレーブスカブスは、共に勝ち越してはいるものの、PO進出は難しい(主に相手の成績によって)というチーム状況だった。

 

 ジャスティン・ジョーンズ(LHP)がAJ(CF)と共にブレーブスに移籍。それらに伴い、40人枠を空けるためにイングリーン(UT)をDFA

 ファーカル(SS)は今季.269/.329/.344と打撃では2001年のような水準だが、守備では672.0IPを守ってUZR10.2とハイレベル。

 グリフィーJrは.264/.336/.515と好調で既に20HRに到達。ジョーンズ(CF)はこの水準の打撃成績を残しつつ、リーグトップの守備成績を残していたため、レベルは低下する。

 

 7月31日、リー(1B)をオリオールズに放出することに。尚、ヘルトン(1B)を獲得しなければ、充分にスタメンとして優れた成績を残していただろう。

 オリオールズとトレード。

 オリオールズに、J.R.マテス(LHP)、ルイス・モンタニェス(SS)、トラビス・ダーキンス(3B)、ウィナー・メンデス(RHP)、リー(1B)(年俸45%負担)を放出。

 マテス(LHP)は今季2Aで56.0IPでERA1.13と好調だが、BABIP.220。ダーキンス(3B)は3Aで悪くない成績を残していたが、IFのユーティリティープレイヤーは足りていた。

 見返りとして、プライアー(RHP)がカブスに復帰。

 今季オリオールズで123.2IP/112Kと2003年程ではないが活躍。BABIP.288とそこまで気にする数字ではなく、WAR1.7。

 それらに伴い、デュボア(LF)を再昇格し、ナーブソン(LHP)を再降格。

 

 7月は12W15L.444と2ヶ月連続で負け越し。2ヶ月連続で負け越しているため、チケット価格を23.48$から23.45$に値下げ。

f:id:takemeouttotheballgame:20170826030538j:plain

 

 ドジャースのベルトレ(3B)が、1894年にキャップ・アンソン(MLB史上初の3000Hを達成)が記録した、7月の打点記録43に迫る42RBIを記録。

 HRでも、1998年にマーク・マグワイアが記録した16HRに迫る15HRを放ち、三冠王争いで他を大きく突き放した。もし、ベルトレ(3B)が今季はもう1RBIも記録せず、現在2位のホセ・カスティーロ(SS)が故障せず打ち続けても打点を抜くことは出来ないだろう。HRではエドモンズ(CF)、プホルス(LF)にはチャンスがある。

 

 また、ベルトレ(3B)は53試合連続安打を継続中であり、1896年から1897年にかけて達成された、ウィリー・キーラー(RF)の45試合連続安打(同一年度でも44安打で、1978年のピート・ローズ(OF)と並んで1位)を抜いてNL記録を更新した。

 1941年にジョー・ディマジオ(CF)が達成した56試合連続安打は、アンタッチャブルレコードと言われている。が、ローズ(OF)でさえ塗り替えられなかった記録を、108年ぶりに塗り替えたベルトレ(3B)には、プレッシャー等存在しないだろう。

 

 AL東地区はヤンキースが独走態勢。

 中地区はタイガースとインディアンスが首位争いを繰り広げている。

 西地区はエンゼルスが敵なし状態。

 WCはトロント・ブルージェイズかインディアンスに決まりそうだ。

 

 NL東地区は地区2連覇に向けてマーリンズが独走中。

 中地区は首位攻防戦でスウィープされたこともあり、カージナルスに決まりそうな見込み。

 西地区はWS優勝は当確と言っても良い勢いでドジャースがリードしている。

 WCではカブスが1位だが、パイレーツやパドレスブレーブスらに抜かされるのも時間の問題といえる。

f:id:takemeouttotheballgame:20170826032900j:plain

 

 

takemeout.hatenablog.jp