Take Me 同好会(非公認)のブログ

現在は、OOTP18のロールプレイブログとなっています。

OOTP18 Go Cubs go 2005 part 9

 

takemeout.hatenablog.jp

 

Out of The Park Baseball 18というPCの野球ゲームをプレーした。目標は、シカゴ・カブスワールドシリーズ制覇である。Part 9では、6月後半を取り扱った。

 

 

 

プロローグ

 2004年、ミネソタ・ツインズが地区三連覇を達成し、1991年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。一方、ナショナル・リーグは地区優勝を逃したものの、アトランタ・ブレーブスNLCSマーリンズを下し、ワールドシリーズに進出。1991年、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という大激戦だったワールドシリーズと同じ組み合わせとなるも、ツインズが4連勝でスウィープ。1991年以来、4回目となるワールドシリーズ優勝を達成した。

 

 長期的目標
  • 2008年までに常勝軍団にする。(オーナー命令)
  • 2008年までにリリーフ陣を再建する。
  • 2009年開幕時までに傘下の評価を10位以内にする。
  • 現在16位。
  • 野手の有望株の獲得or育成。
  • ソト(C)の育成。
  • デュボア(LF)の育成。
 短期的目標
  • 若い両翼の獲得。
  • 概ね達成。
  • 2006年までにプレーオフ進出。(オーナー命令)
  • 先発投手の有望株の獲得(2006年まで)
  • ヨバニ・ガヤルド(RHP)
  • 二遊間のアップグレード(2006年まで)
  • 正捕手のアップグレード(2007年まで)

6月

 6月25日、ブロースキー(RHP)が故障から復帰し、3Aに派遣。また、先発失格の烙印を押されたスネア(LHP)を3Aに降格。それに伴い、ナーブソン(LHP)が再昇格。

 

 同日、どうやらカージナルスのクラブハウスに問題があることが報じられた。

 ある選手は匿名で、クラブハウスに問題を抱えていると答えたが、トニー・ラルーサ監督は、他球団にもあることで、特別問題ではないと答えた。果たして、これが後程影響してくることはあるのだろうか。

 ちなみに、カブスのクラブハウスは地区優勝に向けて一丸となっており、移籍して間もないペティット(LHP)とリッジ(RHP)以外はチームの一体感を感じている。ただ、チーム成績や雰囲気については満足しているものの、イバネス(1B/LF)は自身の役割に満足しておらず、そこだけが気がかりだ。

 

 6月26日、先日のダブルヘッダーを2連敗で終えた後、リー(LF)が、大学時代から使用している古くて臭い(原文記載)バッティンググローブを盗まれたと主張。また、これが無ければ連敗は止まらないだろうと述べた。

 果たして、彼のグローブは見つかるのか。そして、チームにはどんな影響を与えるのだろうか。チームは現在3連敗中である。

 

 6月29日、5連敗で本拠地にブルワーズを迎えた。序盤に3点を失い、9回裏2点差、マウンドにはメルカー(LHP)。前年トレードで放出したメルカーは、今季31.2IP/ERA2.84で4W負け無しと鉄壁の守護神。先頭打者ラミレス(3B)が出塁するも、連敗は止まらないと呟いたリー(LF)が凡退。

 しかし、ジョーンズ(CF)が四球で出塁し、代打のレオン(1B)が安打を打って満塁にすると、三連打で逆転サヨナラ勝ち。尚、メルカー(LHP)のトレードは前もって決まっていたらしく、プロスペクトとのトレードでツインズに移籍した。

 

 6月30日、リー(LF)の手袋が見つかったことが明らかになった。奇しくもチームは2連勝中である。ノラスコ(RHP)の下着を入れている引き出しに入っていたらしく、入った経緯は明らかにされていないが返却。リー(LF)は大変嬉しそうにしていた。

 

 6月は5連敗もあって12W15Lと負け越し。44W34L.564で首位カージナルスを追う。6月は先発に故障が相次いだ。

 ウッド(RHP)、ラッシュ(LHP)、ミトレ(RHP)、ザンブラーノ(RHP)達のことである。(ラッシュ(LHP)のみ5月の故障であるが)

 それにより、FA加入したチェン(LHP)がエースである。

  1. チェン(LHP)5GS/34.1IP/ERA4.19/3W/0L
  2. ペティット(LHP)カブス加入後3GS/20.0IP/ERA2.70/0W/0L
  3. ウェインライト(RHP)5GS/35.1IP/ERA5.09/1W/4L
  4. ノラスコ(RHP)5GS/34.1IP/ERA2.36/3W/0L
  5. ナーブソン(LHP)1GS/6.1IP/ERA4.26/0W/0L

 

 シーズン開幕時から名を連ねているのは、チェン(LHP)とウェインライト(RHP)のみ。

 画像は今季の成績である。

f:id:takemeouttotheballgame:20170822233046j:plain

 

 野手陣は、ミラー(C)とジョーンズ(CF)が違和感を抱えながらプレーしている。カイロ(2B)、ラミレス(3B)、リー(LF)はそれぞれ今季離脱。

 現在はオーリリア(SS)とソーサ(RF)が離脱中。しかし、代わりにスタメンに入る選手も高いAVGを記録し、なんとか戦い抜いてきた。

 

 ミラー(C)を残留させたいが、手術に踏み切る可能性もあり交渉はしていない。

 カイロ(2B)については、より若いが年俸が高いヤング(SS)と悩んでいる。両方契約し、ジマーマン(3B)の繋ぎにするということも考えているが、いずれにせよシーズン中に契約の話はしない予定。

f:id:takemeouttotheballgame:20170822235850j:plain

 

 39,538人を収容できるリグレー・フィールド(2006年に4万人以上を収容できるようになった)だが、今季はここまで平均39,249人が試合を観戦している。尚、負け越した前年は36,104人。

 今季ののべ観戦者数は、メジャーリーグ全体では30球団中8位だが、カブスより上の球団は全て、4万人以上収容できる球場である。そのようなこともあり、チケット価格を23.40$から23.45$に値上げ。

f:id:takemeouttotheballgame:20170822235907j:plain

 

 7月の順位表だ。

 ア・リーグ東地区は、ヤンキースオリオールズレッドソックスブルージェイズの混戦。

 中地区はタイガースとクリーブランド・インディアンスが同率首位。

 西地区は、やはりエンゼルスが独走。

 ワイルドカード争いは東地区に決まりそうだ。

 

 ナ・リーグ東地区は、マーリンズが6月に負け越すも依然独走。

 中地区はカージナルスカブス、パイレーツの三つ巴。

 西地区はドジャースが57W21L.731と圧倒的な優勢で、ワイルドカード争いは、カブスパドレスパドレスは地区首位が厳しい分、ワイルドカード争いに全力を注ぐはずであり、カブスは息が抜けない。

f:id:takemeouttotheballgame:20170823000324j:plain

 

 毎月触れるわけにもいかないが、今回はタイトル争いにも着目。打率王はエイドリアン・ベルトレ(3B)がリード。ラミレス(3B)、プホルス(LF)、スコット・ローレン(3B)が追いかけている。

 本塁打王プホルス(LF)が首位。続くベルトレ(3B)、ジム・エドモンズ(CF)、ラミレス(3B)、チェイス・アトリー(2B)には、十分な抜く余裕がある。

 打点王はベルトレ(3B)に決まりそうな勢い。

 三冠王があるとすれば、ベルトレ(3B)か。

 余談だが、カルビン・ピカリング(1B)が前年に更新した192SOを、マット・マクリ(SS)が大幅に更新しそうだ。今季はここまで106SO、シーズン220SOペース。

f:id:takemeouttotheballgame:20170823001024j:plain

 

 投手の方は、ジョシュ・ベケット(RHP)、ケビン・ミルウッド(RHP)がシーズン20Wペース。オリバー・ペレス(LHP)は故障。

 ベケット(RHP)は最多奪三振でも現在4位につけているが、ロイ・オズワルト(RHP)を抜かさなければならない。そのオズワルト(RHP)は9Wで現在4位。最優秀防御率争いにも両者がランクインしているだけに、三冠王争いは2人に絞られそうだ。ザンブラーノ(RHP)は故障。

f:id:takemeouttotheballgame:20170823001552j:plain

 

 

takemeout.hatenablog.jp