Take Me 同好会(非公認)のブログ

現在は、OOTP18のロールプレイブログとなっています。

OOTP18 Go Cubs go 2005 part 8

 

takemeout.hatenablog.jp

 

Out of The Park Baseball 18というPCの野球ゲームをプレーした。目標は、シカゴ・カブスワールドシリーズ制覇である。Part 8では、6月前半を取り扱った。

 

 

 

プロローグ

 2004年、ミネソタ・ツインズが地区三連覇を達成し、1991年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。一方、ナショナル・リーグは地区優勝を逃したものの、アトランタ・ブレーブスNLCSマーリンズを下し、ワールドシリーズに進出。1991年、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という大激戦だったワールドシリーズと同じ組み合わせとなるも、ツインズが4連勝でスウィープ。1991年以来、4回目となるワールドシリーズ優勝を達成した。

 

 長期的目標
  • 2008年までに常勝軍団にする。(オーナー命令)
  • 2008年までにリリーフ陣を再建する。
  • 2009年開幕時までに傘下の評価を10位以内にする。
  • 現在16位。
  • 野手の有望株の獲得or育成。
  • ソト(C)の育成。
  • デュボア(LF)の育成。
 短期的目標
  • 若い両翼の獲得。
  • 概ね達成。
  • 2006年までにプレーオフ進出。(オーナー命令)
  • 先発投手の有望株の獲得(2006年まで)
  • ヨバニ・ガヤルド(RHP)
  • 二遊間のアップグレード(2006年まで)
  • 正捕手のアップグレード(2007年まで)

 

6月

 ところで、今季好調のカブスは、ある悩みを抱えている。

 今オフ、3BとLF以外(リー(LF)は1Bが本職だが)のスタメンがFAとなってしまうことである。そこで、来季のスタメンをある程度考えておきたい。

 Cはミラー(C)、もしくはオースマス(C)と契約延長し、ソト(C)を育てるつもりだ。

 1Bはヘルトン(1B)を引き止めるよりも、リー(LF)を1Bに戻し、デュボア(LF)をLFで起用し、浮いたお金で投手を強化した方が良いと考えている。

 2Bはカイロ(2B)を引き止めるか、マイケル・ヤング(SS)と契約するか、はたまたグルジラネック(2B)を起用するか。グルジラネック(2B)は2007年まで契約が残っている。

 SSはジマーマン(3B)を抜擢したいと考えている。カイロ(2B)をSSに回したり、オーリリア(SS)と契約延長し、2007年頃にスタメン定着するのが理想的だ。

 CFはジョーンズ(CF)と契約延長したいが予算を考えると厳しい所だ。打撃もさることながら、UZR+5.5の守備力は魅力的なだけに可能な限り残留させたい。

 RFはカスト(LF)を考えている。今季3Aで.302/.445/.593とOBPの高さが目立つが、前年96BB62SO、今季45BB43SOと非常に優れた選球眼を持っている。マット・マートン(LF)も.297/.369/.514と3Aで優れた成績を残しており、いずれかをRFで起用することにする。

 二遊間の補強を短期的目標に移したのはこのためである。

 

 先発陣はウッド(RHP)がFAとなる上、球威の衰えが問題視されている。ただ、大きな補強は特にいらないだろう。

 リリーフ陣は再建と銘打った通り、強力なリリーフを獲得したいと考えている。

 

 6月2日、首位陥落。

 6月4日、ナーブソン(LHP)を3Aに降格。それに伴い、ワーツ(RHP)を今季初昇格。ここまで3Aで19.1IPで26Kを奪うもERA5.59。昨年は32.0IPで36Kを奪う活躍。

 6月6日、ここまで圧巻のピッチングを続けていたザンブラーノ(RHP)が橈骨神経の減圧手術のために60日間DL入り。これに伴い、シーズン中の復帰は絶望的となった。それに伴い、ノラスコ(RHP)を再昇格。

 同じく、診断待ちとなっていたミラー(C)は踵を負傷したものの全治2日。

 また、アストロズとの間でトレードを画策。

 

 6月7日、ミトレ(RHP)が故障で15日間DL入り。それに伴い、カスト(LF)をメジャー昇格。

 6月8日、ヤンキースマリアノ・リベラ(RHP)が通算300SVを達成。前年はトム・ゴードン(RHP)がクローザーを務めていたが、今季はゴードン(RHP)がセットアッパーに回っている。

 余談だが、リベラ(RHP)がクローザー定着後にセットアッパーに専念したのは前年が初めて。

 

 6月10日、リー(LF)がDLから復帰。それに伴い、先日5ABで4LOBといい所がなかったカスト(LF)が3Aに降格。

 アストロズとトレード。

 6月11日、アストロズマートン(LF)、グルジラネック(2B)(年俸20%負担)、マット・クレイグ(3B)、フェリックス・ペイ(CF)、エンゼル・グスマン(RHP)を放出。見返りとして、ブラッド・リッジ(RHP)、アンディ・ペティット(LHP)(年俸30%負担)を獲得。

 来季RF候補として挙げていたマートン(RF)を放出することになった他、有望株のペイ(CF)も放出。しかしグルジラネック(2B)を放出することに成功した。

 その代わり、前年最下位(2000年以来となる負け越し)、今季も26W34L.433と負け越しているアストロズから、リッジ(RHP)とペティット(LHP)という強力な投手陣を獲得することに成功した。

 ペティット(LHP)は今季12GSで6W/3L/ERA3.97。今オフFAとなるため、再建期のアストロズとしては、重要な戦力ではなかったようだ。

 リッジ(RHP)は23.2IPで36K/ERA3.04と好調で12SVを挙げている。クローザーでERA3.04は及第点であり、24.0IPでERA1.13のファーンズワース(RHP)をセットアッパーで使うことが出来るのは大きい。

 しかし、ウッド(RHP)が先日の登板で負傷し15日間DL入り。診断結果はまだ出ていないが、前々回の登板では7.2IPを3Rに抑える好投で2勝目を挙げていただけに残念だ。

 

 6月11日、ランディ・ジョンソン(LHP)が通算250Wに到達。

 6月13日、ウッドは関節唇の一部分を断裂していることが判明し、60日間DL入り。

 6月14日、ペティット(LHP)のカブスデビュー戦に、リグレー・フィールドのカブスファンは満員で応えた。初回表、満塁から押し出しで1点を失うも、6IP/3R/8Kと無難な成績でマウンドを降りた。

 4回裏、ジョーンズ(CF)のツーベースヒットで打点を挙げると、5回裏にはヘルトン(1B)のスリーランホームランで逆転に成功した。

 8回表、ここまで無失点のワーツ(RHP)が荒れて3R。その8回裏には、今度はツーランホームランをジョーンズ(CF)が放ち同点に。しかし打線の援護もここまで。

 9回表、移籍後2度目の登板となったリッジ(RHP)だったが、0.1IPを3Rでマウンドを降り、6-9で試合に敗れた。

 

 6月15日、デュボア(LF)を3Aに降格。6月は.333/.364/.690と好調だったが、ラミレス(3B)が1週間離脱することに伴って、マルチネス(IF)が3Bのスタメンに。それによって内野の控えがイバネス(1B/LF)だけになってしまうため、イングリーン(UT)を再昇格。

 

 6月17日、ソーサ(RF)が負傷で15日間DL入り。先日降格したデュボア(LF)を再昇格させるため。それに伴い、デュボア(LF)が再昇格。

 6月21日、オーリリア(SS)が膝を負傷し、出場は可能であるものの15日間DL入り。5月2日に入団し、.344/.370/.452と活躍していた。それに伴い、レオン(1B)を40人枠入りし、メジャー昇格。

 尚、ミラー(C)は6月7日から腹筋を痛めており、出場は可能であるが回復の目処は立っていない。前年も腹筋の痛みを3回訴えている。また、ジョーンズ(CF)も5月27日から斜筋を痛めている。

 

 6月21日、ヤンキースのA-ROD(3B)がMLB史上初となる20代での400HRに到達。

 

 

takemeout.hatenablog.jp