Take Me 同好会(非公認)のブログ

現在は、OOTP18のロールプレイブログとなっています。

OOTP18 Go Cubs go 2005 part 6

 

takemeout.hatenablog.jp

 

Out of The Park Baseball 18というPCの野球ゲームをプレーした。目標は、シカゴ・カブスワールドシリーズ制覇である。Part 6では、スプリング・トレーニングから4月末を取り扱った。

 

 

 


 プロローグ

 2004年、ミネソタ・ツインズが地区三連覇を達成し、1991年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。一方、ナショナル・リーグは地区優勝を逃したものの、アトランタ・ブレーブスNLCSマーリンズを下し、ワールドシリーズに進出。1991年、延長戦3試合、サヨナラ試合4試合という大激戦だったワールドシリーズと同じ組み合わせとなるも、ツインズが4連勝でスウィープ。1991年以来、4回目となるワールドシリーズ優勝を達成した。

 

 長期的目標
  • 2008年までに常勝軍団にする。(オーナー命令)
  • 2009年開幕時までに傘下の評価を10位以内にする。
  • 現在16位。
  • 野手の有望株の獲得or育成。
  • ソト(C)の育成。
  • デュボア(LF)の育成。
  • 二遊間のアップグレード
 短期的目標
  • 若い両翼の獲得。
  • 概ね達成。
  • 2006年までにプレーオフ進出。(オーナー命令)
  • 先発投手の有望株の獲得(2006年まで)
  • ヨバニ・ガヤルド(RHP)
  • 正捕手のアップグレード(2007年まで)

 

 2005年、改めて本シリーズの目的を明らかにする。筆者は、当時の評価基準(UZRは既に計測されている)や選手評価に基いてチームを強化し、ワールドシリーズを制覇することを目指している。

 

 それでは、開幕を目前に控えたアクティブロスターの説明。
  • ミラー(C)前年オークランド・アスレチックスで107試合に出場。.229/.295/.320。
  • オースマス(C)前年アストロズで112試合に出場。.272/.313/.376。
  • ヘルトン(1B)前年のOBP.460はナ・リーグ1位。.345/.28/102と好成績だったが、カブスに4年16Mで買い叩かれた。選手会が契約に異議を唱えたという名目で、単年契約に変更(コミッショナーモード)する予定である。
  • グルジラネック(2B)前年85GSながら.288/.323/.433と活躍。リー(1B)が不在の間には1Bとしても出場した。
  • ラミレス(3B)前年.347/.37/112と2001年以来となる3割30本100打点を達成。リーグ最狭と呼ばれる3B守備を改善したい。
  • カイロ(SS)前年.283/.329/.406という成績だが、遊撃手としては1試合のみの出場で、通算でも18G/42.0IP。
  • デュボア(LF).298/.361/.541とデビューイヤーを華々しい成績で飾ったものの、2年目は上回ってほしい。
  • ジョーンズ(CF)前年137RBIはナ・リーグ1位。攻守で貢献してくれることだろう。
  • リー(RF)前年.296/.386/.463と活躍。ヘルトン(1B)加入に伴い、RFにコンバート。尚、後にLFにコンバートしている。

 

  1. ザンブラーノ(RHP)前年27GSで11W9Lと勝ち越し。ERA2.64はナ・リーグ3位だった。
  2. チェン(LHP)前年33GS11W10LERA4.50。
  3. ウッド(RHP)前年ERA5.19と精彩を欠いたが、189.0IPで212Kと奪三振は奪えているだけに、今季は勝ち越しを期待。
  4. ラッシュ(LHP)前年は役割が定まらなかったものの、先発に復帰。
  5. ウェインライト(RHP)結局、ローテを任せることに。まずは、夏場まで故障なく投げてほしい。

 

  • フリオ(RHP)前年47.1IPで37BB/47Kと荒れ球ピッチング。
  • ファーンズワース(RHP)前年12SVを記録し、今季はクローザーに抜擢。

 

4月

 開幕戦、2年連続開幕投手を務めるザンブラーノ(RHP)が登板。2回裏に2Rするも7回表に同点。9IP/2Rの好投でマウンドを降りた。10回裏、カブス打線が爆発して5打点を挙げ、7-2でアリゾナ・ダイヤモンドバックスを下した。

 

 4月9日、リー(RF)をLFにコンバート。それに伴い、デュボア(LF)が控えに回り、ソーサ(RF)がスタメンに。

 

 同日、ウェインライト(RHP)のカブス初先発、第1打席、第2打席で連続ツーベースヒットを打ち、7IP/4Rと投手としては及第点ギリギリながら、2RBIと打者として活躍した。

 また、今季初スタメンのソーサ(RF)は、筆者の不安を苦笑するかのようなアーチで好調をアピールした。

 

 4月13日、グルジラネック(2B)が故障で15日間DL入り。それに伴い、セルビー(UT)とメジャー再契約。

 4月22日、ブルワーズからリリースされていたロベルト・アロマー(2B)とマイナー契約で合意。

 4月25日、ウッド(RHP)が故障で15日間DL入り。それに伴い、ノラスコ(RHP)がメジャー昇格。

 4月27日、ジョンソン(3B)が怪我で15日間DL入り。実際には出場可能であったものの、成績不振だった。それに伴い、ラモン・マルチネス(UT)とメジャー契約。

 4月30日、カイロ(SS)が故障で15日間DL入り。それに伴い、イングリーン(UT)をメジャー昇格。

 

 4月は15W9L.625ナ・リーグ中地区首位で終えた。リー(LF)は.303/.389/.525と打撃は好調ながら、今季既に5E。5月は一旦ヘルトン(1B)との併用。

 5月2日時点では、ライバルのカージナルスと首位争いを繰り広げている。4月8日から堅守している首位の座を守り抜きたい。

f:id:takemeouttotheballgame:20170820181256j:plain

 

 次に地区優勝争い。

 

 ア・リーグ東地区は今年もヤンキースが首位。

 中地区は前年王者ツインズが負け越し、デトロイト・タイガースが.840で独走。

 西地区はアスレチックスが僅かにリード。

 

 ナ・リーグ東地区はマーリンズが.792で首位。ブレーブスも好調。

 西地区はオフシーズンに大型補強を行ったドジャースが.833で首位。

f:id:takemeouttotheballgame:20170820181608j:plain

 

 尚、ドジャースの2005年のスタメンと投手陣。

f:id:takemeouttotheballgame:20170820181637j:plain

f:id:takemeouttotheballgame:20170820181641j:plain

 

 ドジャースの守護神エリック・ガニエ(RHP)は、2004年6月に回旋筋腱板(Rotator cuff)を断裂。今夏復帰予定だったものの、2006年の夏になる見通しであることが分かった。回旋筋腱板は完治が難しいと言われている。

 ドジャースは昨年末、故障した後に3年契約を結んでおり、復帰後初のフルシーズンとなる2007年は、3年契約の最終年である。

 

 

takemeout.hatenablog.jp